まめ東ご案内.jpg 宮城県の仮設住宅には手しごとのつながりを大切にする暮らしがあります。
女性たちが集まって心を込めて手作りした品々は表情豊かなあたたかい作品ばかり。
手に取るとうれしいやさしい気持ちにしてくれます。
まめまめ東京営業部では「仙台チームはぎ」「東松島とんぼの会」の
作品を扱っています(2012年2月現在)。
販売することで作者の皆さんに利益を還元し、継続できる支援を目指します。
ご協力よろしくお願いいたします。
まめ東 Kiki

2012年03月03日

とら豆

ようやく梅の香りが届きました。
ご近所では開花してしばらく経つのに
まるで匂いがしなかったのです。

ふくよかだけれども華美ではない、
この香りを嗅ぐと
ああ、ちゃんとしよう!という気になります。
(なにかにつけ、その気になるにはなるのです。)

とはいえ、まだまだ寒いので
ぽっくりした豆料理が馴染みます。
とら豆を調理しました。

浸水12時間。
toramame01.jpg
左から浸水前、後、前、後。一般的な大豆より大きな粒。
特徴的な模様が虎豆と呼ばれる由来だそうです。

浸けた水ごと圧力鍋で加圧5分。しばらく放置。
灰汁はとりません。

煮豆最高です。もそもそじゃなく、ねっちり系。
砂糖を加えて溶かしたら冷めるまで放置。
一旦冷ますことでぐっと美味しくなります。
toramame02.jpg
バルサミコ酢かお醤油をちょっと加えるのが好みです。

煮汁にシナモン、クローブ、しょうが、牛乳を加えて
チャイ風おしるこにしました。
toramame03.jpg
香ばしい玄米餅との相性は抜群。

寒さも最高の調味料です。



タグ:とら豆
posted by kiki at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おまめさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54279310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック