まめ東ご案内.jpg 宮城県の仮設住宅には手しごとのつながりを大切にする暮らしがあります。
女性たちが集まって心を込めて手作りした品々は表情豊かなあたたかい作品ばかり。
手に取るとうれしいやさしい気持ちにしてくれます。
まめまめ東京営業部では「仙台チームはぎ」「東松島とんぼの会」の
作品を扱っています(2012年2月現在)。
販売することで作者の皆さんに利益を還元し、継続できる支援を目指します。
ご協力よろしくお願いいたします。
まめ東 Kiki

2012年03月01日

星空と路

この冬は雪に難儀しました。
郷里の仙台はそりゃあ東京より雪が降りますが、
雪の日の外出がこれほど大変だった記憶はありません。
除雪車の機動だけでなく、どんな道もどなたかの手によって
雪かきされていたのですね。

誰もやらなければ雪は溶けるまで残っているんだ、
つるつるだしべちゃべちゃだしサイアクなんだ、ということに
改めて気付いた次第です。
安全で快適な通勤通学路を提供してくださった
ご近所の方々に遅ればせながら御礼申し上げます。

昨日の雪もすっかり溶けた今日、三月を迎えました。
様々に思うところのある月です。

仙台市中心部にあるせんだいメディアテーク
図書館と美術館とミニシアターが一緒になったようなユニークな施設ですが、
こちらに「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)が開設されています。
サイトに「東日本大震災による甚大な影響に対し、ともに向き合い考え、復興への長い道のりを歩きだすために市民や専門家が協働し、復興の過程を発信、記録保存」とあるとおり、多角的にきめ細かな活動を続けているようです。
「わすれンTV311」というUstream配信もされています。

6日(火)〜12日(月)はこの一年を振り返る「星空と路」という企画があります。
膨大な資料の展示、上映が予定されています。

そして、11日(日)に手仕事支援活動をご紹介するため
まめまめ手仕事プロジェクト(仙台本部)が参加いたします。
各作家さんが日頃から懸命に手を動かしてこられた作品の登場です。
この日に向けて頑張って作ったものもありますので
多くの方に手に取っていただけたら嬉しいです。
会場は1階オープンスクエアとのこと。
ぜひお立ち寄りいただきたくよろしくお願いいたします。
posted by kiki at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | まめまめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54250548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック